スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
ダイエットのはなし
2008 / 02 / 27 ( Wed ) 09:46:57
ボクはびょういんが大好き、せんせいもかんごふさんも大好き。
母ちゃんは 「ツネは小さいときに注射をされて泣いていたんだよ。」 なんて言ってたけど。
そんなことなんか忘れた。
だから、せんせいやかんごふさんに逢いたいからいつまでもびょういんで待っていられる。

ダイエットのはなし①

そんなボクが小さいころ(7ヶ月)大好きなびょういんへ行ったとき。

先生 「さあ、ツネ、体重計るぞぉ。 うーん、3.2キロ。」

先生&母「げっ!」

先生 「一ヶ月で1キロも増えとる。 うーん(悩)、ツネは太りやすい体質かもしれないですね。」 
 母   「そう、そうなんですか…。」
先生 「うん、ツネ、今日からダイエットやな(笑)。」

ダイエットのはなし②

せんせいと母ちゃんがはなしている意味はわかんないけどなんだかびっくりしていた。
なんでだろう…。
そして、その日からボクの大好きなカリカリごはんが少なくなっているような気がした。
気のせいか?、なんでだろう…。

でもボクはびょういんが大好き。
ボクはある日ドックランへ行ったつぎの朝。
ボクはあそびすぎちゃって大好きなカリカリごはんを少しのこした。
その日の母ちゃんはずっとソワソワしていて、なぜだかずっとボクのそばにいた。
ボクはねむくてしかたがなかったのにな。
でも大好きなびょういんへはつれて行ってくれた。
そして、せんせいはボクに少しのカリカリごはんをくれたボクはうれしくってガツガツたべた。

先生 「あー、ランの疲れですね。」 
 母   「ふー、そうですかあ、よかったー(笑)。」
先生 「ツネ、楽しかったんやろな(笑)。」

せんせい意味はわかんないけどおいしかったよ。
ありがとう、せんせい!

ダイエットのはなし③

そして、その日からしばらくたって母ちゃんが 「ツネー、今年最後の健康診断に行くよー。」 と言った。
けんこうしんだん?、なんだろう…。

うん、なぜだかびょういんだったよ。
でもうれしいじゃないか♪
そして、大好きなせんせいやかんごふさんにも逢え。

先生「さあ、ツネ、体重計るぞぉ。 うーん、5.4キロ。」

先生&母「げっ!」

先生「一ヶ月もたってへんのに400グラムも増えとる。」 
 母  「……。」
先生「はーい、ツネ、今日からダイエットやな(笑)。」

う~ん(悩)、ダイエット。

ダイエットのはなし④

こんどもせんせいが 「ダイエット」って言った日から大好きなカリカリごはんはへっちゃったけど。
でもリゾットっていうごはんがふえていた。
とってもおいしいんだよ♪

ボクはごはんが大好きでへっちゃうのはヤダだけど。
でもなんだか今日その「ダイエット」の意味が少しわかったような気がする。
だってボクどう見たって大きくなってるもん…もん…。

ダイエットのはなし⑤

もん?

 

|li ○| ̄|_ il|
続きを読む
スポンサーサイト

ツネのつぶやき TB:0 CM:2 admin page top↑
プレゼンでした
2008 / 02 / 18 ( Mon ) 17:59:57
毎日毎日、寒い日が続く今日この頃、そんな身も心も氷つく寒い中なのに殿は泊まりでいない。
どうしようツネ、今日はお前と二人だけだよ。
でもなツネ、こんな時こそ二人寄り添って過ごそうじゃないか。
そう、二人寄り添いこんな寒さなんか忘れるくらいに楽しく遊んで過ごそうじゃないか。
そう、そうさ、こんな時こそ女同士で鍋パーテー。

プレゼンでした①

続きを読む

つぶやき TB:0 CM:4 admin page top↑
バレンタインのはなし
2008 / 02 / 14 ( Thu ) 21:55:26

母ちゃんがきょうはバレンタインの日だとおしえてくれた。
どうもボクが住んでいる日本はこの日に女の子が好きな男の子にチョコレートをわたす日らしい。
なんていい国なんだ!
ボクはチョコレートをずっとおわずけだけど、そのチョコレートがもらえるんだよ!
でも母ちゃん。

「ツネはまだまだアカンたれ坊。 女の子を守るためには強くて優しい男の子でなちゃダメ!」

う~ん(悩)。
そうなのかぁ、つよくてやさしい男にならないとチョコレートはもらえないんだぁ。
だからか母ちゃんはボクがつよくなるためにあるものをわたしてくれた。

バレンタインのはなし①

これはボクがつよくなるためにくまさんと戦えという意味だとおもう。
そして母ちゃんはいつでも敵がきてもいいよう男はずっとだまって待つこともおしえてくれた。

バレンタインのはなし②

それから母ちゃんはくまさんとの戦いに勝つためビスケットをくれた。

バレンタインのはなし③

なんだかつよくなってきた気がするぞっ!
とぉーーー!

あっ そうだ。
じゃあ母ちゃん、殿はつよいからチョコレートがもらえるんだよね?

バレンタインのはなし④

ねね、殿。
バレンタインにチョコレートをもらえる男になるって。

バレンタインのはなし⑤

たいへんだね……。


ツネのつぶやき TB:0 CM:0 admin page top↑
輪井戸ショーなのラ
2008 / 02 / 09 ( Sat ) 07:15:51
え、ええー、マイク、マイクのテスト、ええーコホン(咳)。
おはようございます。 こんにちは。 こんばんわ。
春、夏、秋、冬、管理人のハルです。よし。

輪井戸ショーなのラ①

さて、はじめに前回の記事で追記を読んで頂いた方々、辛い思いをさせてしまってごめんなさいね。
とても、ショッキングな出来事だったんでねぇ。
私の知人もあの記事を読んでワァーワァー泣くわバァーバァー鼻水垂れ流すわで、すごかったらしいです、しかも会社で。
でも、彼女はワァーバァー言える立場に立ってらっしゃるんで大丈夫。(←どんな立場やねん。)
HEY、YOU、ブログなんど読んどらんと仕事しろ。
でも you、私、内心ちょっとビクビクしてたわ、ティッシュ請求されるんじゃないかと。 うふ。
そして彼女も 「もちろん署名したわ!」 とすごい意気込みだった、鼻水飛んできそうな程。
とっても、いい奴です。

輪井戸ショーなのラ②

さて、burnethillさんもおっしゃっていたんですが。
「絶対に続けさせてはいけません。私が申し上げるのも変ですがご協力ありがとうございます。」
burnethillさん、返って恐縮ですよ!
でも、本当に私がいうのも変ですが署名をして頂いた方々、本当にありがとうございます。
そして、これから署名をしようかどうか迷ってらっしゃる方がいらっしゃったら、今のところ私には悪いウィルスも入ってきていないです。
どうも、あの会場の中にいた少数の人が、続けさせてはいけないと立ち上がったそうなんですね。
それを聞いてちょっとだけホッとしました。
まだ、まともな人もいたんだと、でもよく観に行けたなと思いました、けど。

輪井戸ショーなのラ③

burnethillさんにも話していたんですが、たとえ自称、芸術家だろうが私の目が節穴だろうが。
犬に睨まれた人は災いがやってくる、睨戌禍(ゲイジュツカ)にしか私には見えない。
HEY、YOU!
YOUのゲイジュツ意味はきちげぇーてるYO。

私も今は、落ち着きあの子のことを語りますが、でもあの写真は今も見ることができませんね。
でも、あの子はちゃんと頭の中に居ます。
あの子は、あんな会場であんなにたくさんの人間がいるのに、自分には水も食べ物も与えてくれない。
ましてや、自分を見世物にされているのに、あの子、どんな思いでいたんだろう。
あの子の後ろには、恥ずかしくもたばこを吸ったりコーヒーをノウノウと飲んだりしている人間がいる。
私の頭の中には、そんな中でも優しく天使のような顔をして寝ているあの子が脳裏に居ます。

犬って、どこまで素晴らしい動物なんだろう。
人間が愚かなだけかぁ、はぁ(溜息)。
burnethillさんのブログで、ご自身が何かの本で読んだ記憶があるそうなんですが。

犬(Dog)は神様(God)の裏返しにいるんだと・・・。

そうかもしれませんね。 うん、そうだと思います。
今、あの子は神様の傍で優しく頭を撫でてもらっている、私はそう自負しています。

輪井戸ショーなのラ④

ツネ、それ単に井戸端会議だよ。

輪井戸ショーなのラ⑤

さあ、帰ってごはんにしようか(笑)。

輪井戸ショーなのラ⑥

では皆さん、よい週末を♪

追記、私がナーバスな時にブログのワンちゃん達には本当に癒されました。 ありがとうございました(笑)。


つぶやき TB:0 CM:0 admin page top↑
危ないはなし
2008 / 02 / 06 ( Wed ) 00:58:15
ボクはねるとき殿と母ちゃんと一緒にねている。
ボクがシ○コにいきたいときや、のどがかわいたりしたら二人のどちらかにおきてもらう。
それからまた二人のところでねるか、そのままウトウトとボクのベットでねるかわ。
ボクのそのときの気分。

あっ そうそう。
ボクのベットはそのまんま、ねてもあったかいんだよ。
殿とボクがねているときに母ちゃんがボクのベットにあったかいものを用意してくれてるから。
その日はシ○コをしてすっきりしたのでボクのベットでねることにした。
そして朝をむかえ、殿がおでかけしたあと母ちゃんとソジコちゃんのさんぽが始まろうとしたとき。

「ツネーちょっとお腹がPたくなったし、トPレから戻ったらツネの部屋の掃除するし待っててなー。」

う~ん(悩)
あいかわらず母ちゃんの言葉がりかいできないや。 えへ。
だからボクは母ちゃんの帰りをベットでウトウトおもちゃをカミカミしながらまってることにした。
そして母ちゃんがもどり。

危ないはなし①

えっ!? えっ!?
どうしたの?母ちゃん。 ボクはここにいるよ?

危ないはなし②

う、うん。
母ちゃん、ボクは大丈夫だからね。

危ないはなし③

……。
そしてボクのベットのあったかいものはその日に母ちゃんがゴミにだしていた。
そのかわり丸いぬいぐるみのようなものを母ちゃんはかってくれていた。

危ないはなし④

……!?
そんな感じでなんだかよくわかんないけど母ちゃんがびっくりしていたことはたしかだ。
ボクのからだをずっとさわっていたからね。
母ちゃん、ボクは大丈夫だから、でも……。

危ないはなし⑤

心配させて、ごめんね。






さて、毎々長文に、ご厚志ありがたく感謝申しあげます。
さりながら、まことに恐縮ですが、このたびは追記いたさねばなりません。
事情、判読のほどよろしくお願い申しあげます。
続きを読む

ツネのつぶやき TB:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。