スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
大人?でした
2008 / 03 / 19 ( Wed ) 23:15:05

最近は、本当にポカポカ陽気で散歩が気持ちいい。
ツネも春の香りを嗅ぎながら「お散歩、お散歩、ラララのラ~♪」と軽快。
あー、春って眠い。

大人?でした①

そして、ここはツネの散歩コースで、民家もあるが殆どが工業。
車もよく通るが、道が綺麗なので好きなコースの一つ。
このコースは、よく人とすれ違うけれど、犬が苦手な人や好きな人ってなんだかよくわかる。
犬好きの人って、向こうから歩いている途中でツネを見ながら笑顔だったりする。
そして、「頑張って散歩してるんかぁ(笑)。」と、ツネにだけ会話をする人。
また、「(笑)。」とだけ、ツネに笑顔で通り過ぎる人。
それはそれで、私も「ありがとうございます。」なんてお礼を言う、大人だなー、私。

そうじゃなく、私にも会話をしてくれる人だっている。
「可愛いですねぇ、いくつですか(笑)?」とか「男の子ですか?女の子ですか?」とか。
全部ツネのことだらけだけど、でも嬉しいもんだなー、人見知りなんだけど。

大人?でした②

それはそうと、反対に犬が苦手な人は早々とスタスタ通り過ぎる、いや、単に忙しいのかもしれない。
でもツネは人好きなのですぐに飛びつくような体勢をとるので「ステイ。」と言いリードを短く持っている。
ステイはまだ出来ないのだけれど、前足一本を来い来いストレッチ体操しながら待っている。
その人が通り過ぎ、しばらくしてから歩くのだがツネはその人を追おうとする。
で、またステイ。 学習せぇよ、ツネくん。

そんなある日、この散歩コースで中学生の男子、3人が向こうから歩いて来た。

大人?でした③

その時の感で犬好きじゃないと思い、無学習のツネくんはいつものように来い来いストレッチ体操。
「ツネ、あの子達が通り過ぎるまで待ってよな。」

そして、彼らが通り過ぎ。
ようとした小男の足がわずかに外へ膨らみ、ツネの顔にあたり掛けた。

(えっ!?)

(今のはなんだったの!?)

(ツネの顔を蹴ろうとしたか!?)

いやいや、そんなはずはない。
いくら、犬が苦手だろうが嫌いだろうが、飼い主の目の前でそんなことをするはずがない。
私の見間違いだ、そう、そうさ。
私は、去る彼らをもう一度振り返った。
すると、小男と中男がツネを見て、そのまま正面を向きお互いの顔を見合わせ笑った。





ブチーッ!!





いかんいかん、落ち着けー、私。
落ち着くんだ、私!
相手は、私の3分の1、いや、半分しか生きていない子供じゃないか。
そう、そんな、子供を相手にしても仕方がないさ。
そうそう、そうだよ、少し悪ふざけをしただけだよ。
んっ!?  うんうん。





「育ちがええなぁ(怒)!!」

 



言ったよ、キレたよ、言っちゃったよ。
すると、小男と中男がこちらを振り返り、私を睨んだ。
やっぱりYOU達、意図的やないのクソガキ。
男の中の男、出てこいやー!! (←高田延彦)
と、思ったら家路に帰るやないのクソガキ。
「ツネ、カム。」





ツネ、しっぽフリフリ追いつく。
「なあ、ツネ。」
ツネ、遊んでとグイグイ引っ張る。
「ホンマ育ちがええなぁ。 でもなツネ、お前はこんな育ちようならんでええ。」

ツネ、満面の笑み。
「何でて、お前は犬やから、犬以下になるな。」





決まった、まともで後ろで決めたった。
男の中の男、出てこいやー!! (←向井亜紀の旦那)
と、思ったら振り抜きもせず家路に帰るやないのへタレ

大人?でした④

「ごめんなツネ、いろんな人がいるんだよ。」

そして、良い子のみんな、犬や猫は虐めないで可愛がってあげてください。
そして、良い子のみんな、こんな(私)大人だけには

大人?でした⑤

ならないでください……。


つぶやき TB:0 CM:2 admin page top↑
<<復帰のはなし * HOME * 和歌山のはなし>>
コメントの投稿 














秘密なのラー!

 

*Comment  Thank you*
comment
 

いるいるーーっ!!そういう悪ガキっ!!
サッカーボール蹴るふりして蹴ろうとしたりさ。ムカッッ!だよ。
注意したりすると「うるせえ、クソばばぁ!」とか言うんだから・・・
ホント色んなひとがいて参っちゃう(汗)
ツネちん、気をつけてね。
by: e-tan * 2008/03/22 21:58 * URL [ *編集] * page top↑
  ■ e-tanさん

マジでーーー!

マジで「クソばばぁ!」なんていうの!?
ホント、どうやったらそんな弱い者虐めが、堂々と出来る子に育てられるんだろう。
いくら、サッカーが好きだろうと、犬はボールじゃねぇし。
その子は、虐めとして自覚があって悪ふざけでしてるんだろうけど、そんな時は。
その子の親に会い、ないことないこと歯が浮くようにべた褒めし、気持ちよく天狗になってほくそ笑んだとどめに。
「ホント、サッカーが好きみたいですね(笑)。
うちのミルも蹴ろうとしたんですよー(笑)、クソばばぁ付きで。 ホントいい子。 プロになれるわよ。」
って帰る。

これどう?これどう?
て、そんなことしなくても、その子にはまた違うところで天罰がくるよ。

ミルくんも、怖い思いをしたことがあるんだねぇ、可哀想に。
散歩って、こんなことばかりじゃないけど、でも気をつけてなきゃダメだよねぇ。
by: ハル * 2008/03/23 10:08 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://tsune37.blog20.fc2.com/tb.php/17-77ee5396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。